スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋栗クッキー

2008-09-30

20080930131152
クッキーは久しぶりかな? わが家もさつまいもがお目見えしました。オーブンで焼いてそのまま食べてもおいしいけど、やっぱりさつまいもはスゥィーツだあ! そして栗の冷凍も使うぞー! 芋栗inクッキーだあ! クッキー生地はプレーンなんだけど芋栗入りだと、また秋テイストで女の子好みで、H野ちゃんが「おいしーい」を連発してくれたわ。ちょっと残ったので持って帰ってもらいました。H野家のくじ運のいいお嬢も喜んで食べてくれるかしら?

さてさて、貢ぎ物がきたわ。いつぞやこのブログ上でも話題にした「ゴーヤピクルス」。律儀なFさんは覚えてて持ってきてくれました。早速その場で味見したら、うまいんだ、これが! ごはんにも合いそう。お酒にも良さそう。ありがとう、Fさん。次は「ゴーヤの佃煮」が貢ぎ物としてやってくるのを心よりお待ち申し上げております。
スポンサーサイト

普段のシフォンではありますが…

2008-09-25

20080925153456
あら、また同じ写真使って。と、思われた方もいるかな。シフォンは定番だから、よっぽど変わった内容にしないと見た目、全く同じに見えてしまうよね~。生地は抹茶なんだけど、中途半端に残ってた小豆缶を入れたら、あまり鮮やかなグリーンが出なかったわ。抹茶をもっと気前よく入れなきゃダメね。さてさて、抹茶小豆なんてものすごくスタンダードですが、今回は例の栗も入っているのよ。冷凍してるのが無くなるまで、あちこちに栗を出没させるのだ! ところでどなたか栗を簡単にむく方法知らない? 前々回だったかな? 誰か知ってたら教えて~、と呼びかけたけど反応なし。このブログがマイナーであることは、その最大原因だろうけど、ないかなー。栗を簡単にむく方法なんて。あー、栗の簡単なむき方は誰からも聞かないけど、Fさんからゴーヤはピクルスにするとおいしい、との情報が! そこですかさず「作ったの食べたい」とおねだりしちゃいました。来週あたりゴーヤのピクルスがやってくるようだわ。Fさん、ありがとう。待ってまーす

ムースだけど…

2008-09-23

20080923202446
栗を入れたムースを作ろうと思ったんですよ。おいしいし、あんなに手間をかけた栗なのでフルに使いたいではないですか。でもただの牛乳かんの中に入れるだけではさみしいので、さてどんなムースにしようかと考えましたが、あー、ちょっと失敗! 黒ゴマムースと抹茶ムースの二段重ねムースの中に栗を入れて、と思ったのはよいけど、抹茶ムースを最初型の中に流し入れ冷やし固めたつもりだったのに。あーあ、固まりきってなかった。黒ゴマムースを流し入れましたところ、あ~、二段にするはずがミックス状態に。ショック! でも食べてもらいました。トッピングはきな粉です。和洋折衷どころか二色のムースは微妙な色になっちゃいました。次回は焦らずゆっくり固めて作らなくては

ロールケーキですが…

2008-09-18

20080918202118
生地はプレーンだけど栗をいれてみました。クリームは小豆缶を生地全体に塗りました。その上にかぼちゃクリームをちょっと塗り、(実はかぼちゃペーストの残りが少なくて、なんか他にないかなあ、と考えてたら小豆缶あったから、「これ使お~う」と思ったのさ)クリームの中にも栗をいれたんだー! あー、なんて秋づくし。暑さ寒さも彼岸まで。栗は例のA東ちゃま提供の、全部むくのに二時間かけたという伝説の栗を用いました。当然! い~よね~、栗。それからかぼちゃもなあんてスゥイーツの素材としてぴったりなんでしょう! (また改めて歓喜しておりやす)でもね、やっぱ栗はむく作業が… 誰か栗の皮をスルリとむく裏技を知ってたら教えて欲しいもんですなあ。Fさんあたりから情報が寄せられるかも?なんて期待して、柿はまだ採れないかなあ、などと思いはじめた今日この頃。初物を見ると闘志がわくのよね~。

梅栗ムースタルト

2008-09-10

20080910191823
タルトです、一応。タルト台の上に何が乗っているでしょう? 正解は梅ジャムのムースでした。Fさんに以前いただいた梅ジャム、冷凍しといたのがあったのよ。梅ジャムとホイップクリームをゼラチンで固めました。その中に栗の甘露煮風が入っております。これはA東(この間のブログは間違えてたなあ。A藤になってたわ。失礼、失礼)にいただいた栗。A東に栗をもらうの今季二回目。この度は何個もらったかなあ? 山ほどいただき、剥きました。二時間かけ。あー、ほんとに食べられる状態にして売ってるものはありがたいわ。その栗を甘露煮にしたんだけど、やっぱ素人製作のせいか見た目きれいじゃないし荷崩れるし、あー、やっぱ製品化してくださる方、ありがたいわ。見た目きれいじゃなくても仕方ないから、ムースの中に入れて見ました。その栗入り梅ムースの上に、更に栗の渋皮煮の煮汁ごとゼラチンで固めた栗の渋皮煮ムース?ゼリー?どっちだろう? それを乗せ冷やし固めました。またまた女性向きデザートのできあがり。

昨日せっせと栗の皮剥いてたら王子様がのぞきこむのよ。「手間かかるなあ。まだそんだけしか剥けとらんの? 全部剥こう思ったらどれくらい時間かかるん? そんな内職ありそうだなあ」とえらく興味津々でした。そうよ。手間かかるよ。だからお店で売ってるのはそれなりの値段だよね。その値段に見合う価値があるわけだ。だから安いものにはコストをかけられないのは当たり前。うちの王子様もそんなことを学んでくれてるといいんだけどなあ。

秋のロールケーキ

2008-09-09

20080909083227
かぼちゃシリーズじゃな。カテゴリ分類できそうですわ。今年はこれでもか!というくらいかぼちゃがたくさんあります。さて今回のロールケーキは前回同様、生地にかぼちゃペーストをいれておりやす。中味はかぼちゃクリームなのよ。電子レンジでチンしたかぼちゃを牛乳と一緒にミキサーにかけ、ペースト状にします。そこに砂糖と塩少々、マーガリン、バニラエッセンスを加え、鍋に入れて火にかけ練り混ぜ合わせます。生地に塗るから、固いようなら更に牛乳を加えて固さを調整します。こうしてできあがったかぼちゃクリームを焼きあがった生地に塗り、巻き寿司をまくように巻いていきます。これは更に栗の渋皮煮を刻んでかぼちゃクリームの上に散らし巻きました。そのままラップでくるみ冷蔵庫で冷やすと生地とクリームが馴染んで落ち着きます。落ち着いたらスライスして召し上がれ、っと。栗とかぼちゃのコンビでとても秋らしいわあ、と風情を感じ今回も「秋のロールケーキ」と名付けたのでした。この写真だとわかりにくいけど、ロールケーキの陰に梨が一切れ。Kさんの差し入れでござります。やっぱ秋は食欲の秋よね~

秋のタルト

2008-09-03

20080903204037
昨日、黒ゴマクリームのロールケーキを焼いたのよ。残念ながら黒ゴマクリームが残ってしまって、「黒ゴマ汁粉でも作ろうかなあ」と思っていたのさ。

昨日から考えていたのは、月曜日にA藤にもらった栗をどう使うか? 去年は我が家で採れた栗は渋皮煮にしたのよね。栗ってのはおいしいけど皮をむくのがめんどくさい。前に便利な皮むき用の道具を買ってたのに、それがどこにいったかわからなくなっちゃって、包丁で全部むきました。むきおわって何気なく引き出しの奥をみたら、あるじゃないの!栗の皮むきが! あー、人生ってこういうこといろいろあるよね。去年はそういう悔しい思いをしたので今年はきちんと引き出しの奥から皮むき道具をとりだしました。渋皮煮は三回は茹でて茹で汁を捨ててという行程を繰り返すから手間がかかるの。だから今回は茹でて甘露煮風にすることに。ちなみにわたしの友達で渋皮煮を作る際、10回は茹でて茹で汁を変えるんよ、という人もいます。彼女が作ってたのもらったけど、色が全然違ってた。茹で汁も透き通っててきれいだし、ブランデーいれてて風味が良かったんよ。渋皮煮も地域性あるんだなー、と思ったわよ。

本題。残った黒ゴマクリームをタルト台の生地に混ぜ入れたので、黒い台でありやす。昨日もかぼちゃメインだったけど、このケーキもかぼちゃペーストをふんだんに使い、トッピングにさつまいも(王子様のお弁当のついでに揚げておいた)を使い、中に栗の甘露煮風をいれておりやす。でも、栗の味が全然わかんなかった。みんなも気づかなかっただろうなあ。次は栗を主役にしなくては! だって下準備に手間がかかるんだもん。なのに味がわからなくては侘しい。昔の人は自然に採れたものを食べられるまでにするのに手間暇かけてたんだなあ、と改めて思いやす。今は使いやすく加工されているものがなんでも手にはいるもんね。あー、スローフード。あー、地産地消。

かぼちゃ生地のロールケーキに黒ゴマクリーム

2008-09-02

20080902221326
ロールケーキなのよ。生地にかぼちゃのペーストを練り込んでいるけど、あまり色がつかなかったなあ。他のかぼちゃシリーズは、きれいなかぼちゃ色になったのに。というのが、かぼちゃにもいろいろあるのよね。スタンダードに皮が濃い緑色というか、くすんだ緑色というか、シンデレラの馬車色? と思ったらきれいなオレンジ色の外見のものもあるし。今回使ったのは皮が白いのよ。わたしはどんな色のかぼちゃでも、皮ごとミキサーにかけるから、果肉(?)が黄色とオレンジの中間色であろうと皮が緑色なら少し緑っぽくなるし、皮がオレンジなら果肉の色と変わらない鮮やかなペーストになるんですわ。今回は果肉も少し淡い色で、皮も白かったからペーストもかぼちゃっぽい色じゃなかったのね。天然の色素はすごいねー。そんなわけで生地がプレーンな感じになったから、クリームは対照的に黒ゴマクリームを使いました。ロールケーキも生地にいろんな野菜のペーストを加えれば全く違う雰囲気になるし、クリームもいろんな野菜をペーストにしたものを使えばとってもヘルシー! 何もない時じゃがいもをクリームにしたんだけど、これがすごく
受けたのがわたしにとっては目からウロコだったわ。わたし的にはかぼちゃにクリームチーズを加えたクリームがヒットかな~。またいろいろアップしていくので、わたしのスゥイーツを食べたことのない方は、その都度「ゲゲッ!なんじゃこりゃ?」と新鮮に驚いてもらいたいものだわ。食べる常連メンバーは、「あー、今年もこの季節がきたわー」なんて旬を感じて欲しいものだわ。いいわあ、日本人のわびさびって… ←ん、違う? わびさびって言わない? 日本語もっと勉強します

あらためて

2008-09-01

20080901204249
かぼちゃのチーズケーキ。はい、そうですね。前にも作ってます。 これは何をお知らせしたかったかというと、台。チーズケーキの台ってビスケットを砕いて潰して使いますよね。でもビスケットでなくてもできるのだ!ということをお知らせしたかったのでありやす。実はこの台、クッキーだのドーナツだのバームクーヘンだの残ってたお菓子類をまとめてミキサーにかけて牛乳で固め、型の底に敷き詰めたのよ。我が家の王子様たちは好きなものでも、ちょっと飽きると見向きもしないのさ。母としては「一個だけ残して。あー、めんどくさい。食べちゃえばいいのに」と思うのよ。かといって母が食べると積もり積もって主婦太りの原因になるのもいやじゃし。そこで、とりあえずそんな風に残ったお菓子は冷凍庫に投げ込んでおきます。で、それらを利用して作った台の上にかぼちゃ生地を流し入れ、焼きました。このケーキを食べたメンバーで、このブログを見た人間は「あ~、あれはそうだったんだー。残り物のリフォームクッキングだったんだー」とあっけにとられてみていることでしょう。ハハハハ。油断大敵。今日も食べ物を捨てず、地球に優しいエコライフしち
ゃった! 久々の自画自賛、自己満足。

かぼちゃのムース

2008-09-01

20080901202040
かぼちゃは以前ふれましたが、いろいろ使えて便利な食材ですよ。この間「かぼちゃのプリン」を作りましたが、本日は「かぼちゃのムース」でござりやす。プリンは焼いたり蒸したりするのを「プリン」というけど、よくわかんないのが、ムースとババロア。どう違うんだー!? 他にも細かい突っ込みをいれるのなら「卵豆腐」は豆腐じゃないぞー! どっちかっていうと「塩味プリン」だろー! そう思ったことある人間はわたしの他にもいるはずだー! (えっ? わたしだけ? そんな筈はないだろー? 絶対いるよ~)

このムースはアガーで固めてます。しかし、かぼちゃを練ってお砂糖やバター、エッセンスを加えアガーと混ぜあわせて型に流し入れたのさ。しかし、それだけだとさみしいのよね。まるで「○○こ」みたい!と突っ込み入りそう。そこで黒ゴマクリーム水で薄めた黒ゴマソースを飾りやした。この上に何かないかなあ?と考えていたところ、あるじゃないの! 今朝うちの王子様のお弁当用にさつまいもを揚げたのよ。それが残ってたのを差し込みました。Oちゃんから質問受けました。「このお芋おいしい!どうしとるん?」。このお芋はただ素揚げにしてるだけなのよ。さつまいももスゥイーツにとってもいいよねー。我が家でももうすぐさつまいもがお目見えするはず。あー、楽しみ。(この間、イノシン出たってハズが言ってたけど、お願いだからさつまいもには手を出さないで欲しいものだわ~)
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

マリ

Author:マリ
趣味はお菓子作りでやす。もっぱら友達のために作ることが多い。初めて食べる人があっと驚くようなケーキやクッキー、ムースを作るのが大好き。おおむね女性からは好評。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
 
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。