スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のタルト

2008-09-03

20080903204037
昨日、黒ゴマクリームのロールケーキを焼いたのよ。残念ながら黒ゴマクリームが残ってしまって、「黒ゴマ汁粉でも作ろうかなあ」と思っていたのさ。

昨日から考えていたのは、月曜日にA藤にもらった栗をどう使うか? 去年は我が家で採れた栗は渋皮煮にしたのよね。栗ってのはおいしいけど皮をむくのがめんどくさい。前に便利な皮むき用の道具を買ってたのに、それがどこにいったかわからなくなっちゃって、包丁で全部むきました。むきおわって何気なく引き出しの奥をみたら、あるじゃないの!栗の皮むきが! あー、人生ってこういうこといろいろあるよね。去年はそういう悔しい思いをしたので今年はきちんと引き出しの奥から皮むき道具をとりだしました。渋皮煮は三回は茹でて茹で汁を捨ててという行程を繰り返すから手間がかかるの。だから今回は茹でて甘露煮風にすることに。ちなみにわたしの友達で渋皮煮を作る際、10回は茹でて茹で汁を変えるんよ、という人もいます。彼女が作ってたのもらったけど、色が全然違ってた。茹で汁も透き通っててきれいだし、ブランデーいれてて風味が良かったんよ。渋皮煮も地域性あるんだなー、と思ったわよ。

本題。残った黒ゴマクリームをタルト台の生地に混ぜ入れたので、黒い台でありやす。昨日もかぼちゃメインだったけど、このケーキもかぼちゃペーストをふんだんに使い、トッピングにさつまいも(王子様のお弁当のついでに揚げておいた)を使い、中に栗の甘露煮風をいれておりやす。でも、栗の味が全然わかんなかった。みんなも気づかなかっただろうなあ。次は栗を主役にしなくては! だって下準備に手間がかかるんだもん。なのに味がわからなくては侘しい。昔の人は自然に採れたものを食べられるまでにするのに手間暇かけてたんだなあ、と改めて思いやす。今は使いやすく加工されているものがなんでも手にはいるもんね。あー、スローフード。あー、地産地消。
スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

マリ

Author:マリ
趣味はお菓子作りでやす。もっぱら友達のために作ることが多い。初めて食べる人があっと驚くようなケーキやクッキー、ムースを作るのが大好き。おおむね女性からは好評。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
 
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。